Wed. 25 August

工作の続きはHomeカテゴリーにupしました。
夏休みの自由研究・工作












Mon. 16 August











今日は、
子供の夏の自由研究・工作のお話です。



まだ夏休みに入る前、
お台場にある日本科学未来館に行ってきました。
思っていたよりも、
幼稚園の子供にも夢中になれるものがあり、
大人も最先端の科学に感心し、驚き、とても勉強になるところでした。



6階まで吹き抜け部分には、
大きな立体型の地球「ジオコスモス」が浮かんでいるのですが、
これは、まるで『宇宙から見た地球』のようで、大変美しく圧巻でした。



最近、地球や宇宙に興味が出てきた息子。
その後に見た太陽系の惑星模型に、さらに興奮していました。
入りきらない大きな太陽に対して、
今度は、他の惑星と並んで、ピンポン玉ぐらいに小さくなってしまう地球の小ささ。
どうして?なんで?と質問攻めでした。



幼い頃の、未知のものへのワクワク感というのは、
今でも感覚が残っていて、
心地のよいものです。
帰りに、あれを自分で作りたい ! と子供が言い出して
夏休みの工作のテーマが太陽系の模型に決まりました。














夏休み前半は、
惑星の大きさや色の違いなど、
太陽系について、こども図鑑で調べさせて、
子供の分かる範囲で少しずつ準備をさせました。




今日はようやく…工作の時間。
まず、紙粘土での惑星のかたち作りです。




大きさは、かなり大雑把ですが、
惑星には、色々な大きさがあることはわかったようで
図鑑を真似てサイズを変えて作っていました。
















途中から、すっかりお団子作りとかしていましたが、
『一番大きいものは木星だったかな…!?』
『環がついているのは土星だよね〜』 など、
図鑑で知り得たばかりのこと
を楽しそうに家族に教えながら、紙粘土を丸めていました。




土台には、牛乳パックを2個つなげて、
今日はここでおしまいにしました。




しっかりと乾かして、次回色塗りにチャレンジです。
惑星の色を
もう一度、図鑑でよくおさらいを約束しました。





mayumin






Shopの今後の予定やカートオープンなど決まりましたら、
メルマガにてご案内させていただいております。


メルマガご登録はこちらから


上記をクリックするとご登録ページが開きます。





return to the top page