… In the attic …
no.2


ニーバーの祈りは、
学生の時に尊敬していた人が教えてくれました。
私が辛いことを抱えていた時に、
ルーズリーフの切れ端に、このフレーズと、
最後に
「だから、頑張らなくてもいいのだよ」 
と書いてありました。

帰り道、1人で読みながら、
涙があふれてきて…とまらなかったことを憶えています。





この写真は
去年の春に、息子とのお散歩中に撮ったものです。

れを見ると、
不思議と…とても落ち着くので、
ニーバー氏の祈りのページにもってきました。

まだ少ししか言葉を話せなかった頃の息子が、
白いお花にとまっている…蝶々を、そっと教えてくれました。
その時の嬉しそうな顔が共に思い出され、
何度見ても、
愛おしい気持ちに包まれます。

私だけだったら、
見過ごしてしまいそうな…一瞬でした。



serendipity_mayumin



return to the top page








1