… in the attic …
no.10


HPオープニングプレゼント情報 A



ただいまプレゼントのお洋服を作成中です。
これは、その写真ではありませんが…笑
ピンタックのお洋服に関する屋根裏トークです。


私の仕立ているお洋服のピンタック部分は、
大抵、別仕立てです。
衿ぐりの荒裁ちもせず、上の画像のように、
まず最初は長方形を2枚裁断して用意するだけです。
普通の身頃のように、生地が大きくないことや
バイアスになっている部分が、この時点では全くないため、
ピンタックの糸を抜くことも縫製するのも、とてもやりやすいような気がします。
それぞれが出来上がったら、
前立て部分の下の所のみ(×部分)をミシンで縫い合わせて、
さらにサイドと下部分を前身頃に縫いあわせていきます。


ここまで出来上がって初めて、衿ぐりに印をつけます。
パターンを上にあてて、衿ぐりのラインを写し、裁断しています。

後でパターンを写すので、
衿ぐりの前合わせの部分は、ずれることなく、
いつもぴったりと綺麗に揃います。



少し見にくいのですが、前立て(×部分)のイメージ画像です


この用意が終わると、次は後身頃の準備です。
デザインを崩さないように、
それでいて、できる限り縫い代を肌に触れないように仕立てたいので、
肩を覆うように二重にしてヨークを付けています。(他はロック始末です)
イメージとしては男性のワイシャツの肩部分の作りと同様です。
(男性のワイシャツというのは、本当によく縫製されていて、
ヨーク、襟、カフス、脇、伸び止め、接着芯に至るまで、
それぞれのブランドが基本に忠実に、
その上で工夫をされて、
縫製の基本がぎゅっと詰まっている手本のように感じます)



前と後身頃がヨークでつながると、
やっと、衿ぐりになります。









毎回のことですが、衿ぐりは何度しても緊張してしまいます。

他の作業の続きで行うことはほとんどなく、
必ず、一日おき…新鮮な気持ちで、
集中力のある状態で取り掛かれるようにしています。






return to the top page