【 折り伏せ縫い始末 脇から袖下について】



折り伏せ縫い始末で、
一番綺麗に仕上げるのが難しいのが、脇から袖下になります。
その理由は、「複数生地が重なる分厚い点」だからです。

袖・脇を一気に縫う形で仕上げていきますが、
待ち針でとめるときに、
まず、このわきの下の一点を先に合わせてとめてから、袖下と脇を合わせるようにしていくと、
きっちりと布が合いますので、とても仕上がりの見栄えがよくなります。


お洗濯を数回した後の表側と裏側の画像です。








袖は細いので、
少しずつずらすようにして、
低速で縫っていくしか、方法はないと思います。

そして、最後に…
基本的に、 折り伏せ縫いは「曲線には不向き」であることを頭においておいてください。
そのため、 脇のカーブは、
表同様に生地(今ちょうど色が違っているので分かりやすいですね)
と同じようにぴったりとあわせると、
生地が浮いたり、つってしまったりします。
そのため、
脇の下のいちばん厚みのある部分のみは、
どちらかに少し縫い代が斜めにずれてくるむように、
画像からも分かるように、 縫い代が少し下にずれていますね。
(表はぴったりにして)
このような感じで、折り伏せを施すと、
まだ幾分か楽に、そして表が綺麗に出来ますので、
ぜひお試しください。


ただ…なれない方は、
無理にされずに、脇の下から袖にかけてのみは、
「手縫い」で折り伏せ始末をされるほうが、
ずっと楽で、美しい仕上がりになることでしよう。
細かい目で、チクチクと頑張りましょう。


※ 今まで折り伏せ縫いで仕立てられたことのある方は、
  数回お洗濯をしたら、 必ず折り伏せ状態を見てみましょう。
  ガーゼの場合、出来上がった直後は綺麗でも、お洗濯を刷ると、
意外と端が少し出てきていることが多いです。

  ご自分の縫製の弱点を知ることは、とても勉強になります。
ガーゼはちょっぴり手ごわい生地ですが、
これで美しく出来るようになれば、
普通の生地で縫製するときには、ものすごく楽になります。

ぜひ…頑張ってください。
着実に上達していかれることと思います。