【 パターンのうつし方 】


 念のため、基本から書いておきます。
これはガーゼに限りませんし、折り伏せ縫いのことだけではありませんが、
『チャコの印はどちらに付けたらいいのか…?』
その答えは、「やりやすさ」をイメージしてみると答えが分かります。
 中表にして縫い合わせるわけですから、「裏に印」がついている方がきちんと縫うことができます。

 ただ、衿ぐり始末を、「Wのパイピング」で行いたい方は、
 えりぐりと袖口の部分のみに、
 「出来上がり線」を「表側に」もうつしておくと、とてもやりやすくなり、美しく仕上がります。
 (これは、あとで出来上がり線に合わせて、バイアスを縫い付けることになるからです)
…詳しくはパイピングの方でお話します。

 身頃の型紙は、大体「わ」にして写すことが多いので、
「外表にして」半分にした所へ、間に「両面チャコペーパー」を挟み、
 あとは上に型紙をおいて、ルレットで「出来上がり線」を丁寧になぞります。
 縫い代は、それぞれの辺に「2〜3ヶ所」しか、私はいつも印をいれていません。
目分量で、「多めに」裁断しています。

ロックミシンの場合は、始末と同時にカットされますので、心配は不要ですが、
ジグザクや折り伏せ縫い始末、どちらにしても、
ガーゼのお洋服の縫い代は 「後で切り揃えた方」が間違いなく綺麗です。
 どんなに丁寧に扱っていても、ほろほろこぼれてきますからね。

その為、「出来上がり線」だけがしっかりとしていれば、
 縫い代は、そんなに正確にはかって裁断しなくても、
「多めにあれば」全く問題ないことと思います。 
その方が、パターン写しも時間短縮、裁断する時もとても楽だと思います。
 (たとえ、普通の縫い代よりも1〜2cm多く取ったからといって、
 大幅に生地を無駄にすることにはなりませんからね)。




【 折り伏せ縫い ラグラン袖縫製の際の具体的なポイント 】



折り伏せ縫い始末をされたいときの縫製の手順は、
普通袖にしてもラグラン袖にしても、
身頃に袖を縫いつけてから → 脇と袖下を一気に縫うシャツ仕立て になります。
先に袖下を縫い合わせてから身頃につける方法をとられますと、
とんでもなく難しくなりますので、ご注意ください。

さらに、ポイントとして、衿ぐり(ゴムの入る上部)の縫い代だけは、
『2枚一緒に』0.5cm残して切り落としてください。
   出来上がり線に合わせて、下の写真の右下画像のように、ミシンの際まで切り込みを入れます。

割った部分が汚くなりそう…と思われるかもしれませんが、
この部分は、バイアス、もしくは三つ折り始末によって中に入りますので、 ご心配はいりません。