【ピンタック導入編】


ガーゼにピンタックを作ることは、
普通生地に比べてやりにくいという印象があることと思います。
私自身も、なかなか真っ直ぐにタックを作れない所から始まり、
色々と試しながら、ここまで来ました。


ピンタックの美しさは、
やはり「等間隔」に縫製されていることが、その魅力を最大限引き出すように思います。
よれやすいガーゼを相手にして、
いかにして曲がらずに同じ幅・間隔で…しかも簡単に
@ 線を引き  A 折り目をつけて  B 縫製していくかがポイントになります。

この中で、まず一番重要なのは@線を引くこと だと思います。
もともとのラインが正確に取れないと、
その通りに縫っていっても、美しく仕上がりません。

最初、私は、ずっとルレットと水に消えるチャコペンを使っていました。
一般的にピンタックの作り方としてご紹介されておりますように、
どちらも折り目をつけるものとして代表的な方法だと思います。
正確にラインさえとることができれば、美しくできますが、
その…まさに「正確にラインをとる」ことこそが
ガーゼの場合には特に、
いちばん難しいことのように思いました。


そのため、ここでは、
線は引かずに、『糸抜き』をします。


本来『地直しの技術』である『糸抜き』とは、その文字通り生地の糸を抜くことです。
まさに、この技術をピンタックにも使えば
 地の目通りに、簡単にまっすぐにラインをとることが出来ます
地の目通りに折ってあげることは、
生地の性質に耳をすませてあげることのように思います。
ガーゼに無理をさせなければ、そのラインが乱れることもありません。


もっと言えば、
ダブルガーゼはアイロンをあてても折り目がつきにくいものですが、
表部分から、ピンタックの山にしたい部分の糸を、
『一本だけ抜くことで、折り目もつきやすくなり、
 ピンタックの山は落ち着き、安定した美しいラインになります』







『糸抜き』というと、難しく感じられるかもしれませんが、
ガーゼの場合は、全然そんなことはありません。
綿生地よりも目が粗いわけですから、スルスルと抜けます。
これは、もう感動もの…やみつきになる気持ちよさです(笑)


これが出来るようになると、
ハンカチーフやパッチガーゼも「いとも簡単に」正確に四角く裁断することができるようになります。
糸抜きをして裁断するラインをとればいいのです。


早速、『糸抜き』を試してみたくなってこられたかもしれません。
これには、唯一必要なものがあります。
それは『毛抜き』です。
指で引っ張ると、首尾よく糸抜きはできませんので、
いずれご用意いただければ…と思います。


ただし、ピンタックやお洋服作りには、
『向いているガーゼ と 不向きのガーゼ』があります。
最初は、柄が気に入って買うことが多いと思いますが、
実際に手にされたら、
これが『何を仕立てるのに一番相応しいか』ということを考える時間を持つと、
とても上達されることと思います。


どんなに慎重に丁寧に、ピンタックを作っていても、
向かないガーゼでは、やりにくくストレスがたまる一方です。
相応しいガーゼで行うと、とても楽しくできます。
『楽』にできるということは、ガーゼの気持ちに逆らうことなく
出来ているという証拠です。




ピンタックには、
やはり「目の詰まったガーゼ」が仕立てやすく、長く着られます。
目の粗いざっくりガーゼがなぜ向かないかというと、
『糸と糸の間に隙間があるため、
糸があっちへ行ったりこっちへいったり…定まらず、
よれてしまうからです』



Fabrics「ガーゼ論」に参考資料をおいてございますので、
もしよろしかったら、ご覧ください。