【手順の理由】




普通、何かを作るとき、
布小物の本のスタイの作り方を見ても、
@布に型紙を写し、
A縫い代までうつして切り落とし
B最後にミシンで縫い合わせて完成させる。
このようになっているのが多いように思います。

しかし…スタイに関しては、 敢えてそれをしません。
作り方で示したように、
長方形の布に、パターンの「出来上がり線」のみを記して先に縫っています。
実は、これには、理由が「3つ」あります。

1つは、ガーゼやタオル地は、「端がほつれやすい」生地だからです。
特にタオルで、スタイを作ろうとする時は、
近くまで切ってしまったら…もう大変です。
縫っているうちにボロボロぼろぼろとタオル生地がこぼれてきてしまいます。
ガーゼのほうは、そこまで弱くはありませんが、
やはり、普通の生地よりは、端がほつれやすくなります。
そのために、
両面、ガーゼの下にそれぞれニットとフランネルを
縫い合わせてセットにすることで丈夫にしています。
またパッチやデザイン(下半分にさらにガーゼを重ねたり)タグをつけたりするのも、
可愛さだけでなく『ガーゼの補強』の目的があります。
ガーゼは1枚では弱いのですが、
生地が重なるにつれ、比例して強くなります。
ガーゼを長く使いたいと思ったら、
ガーゼ同士を重ねたり、
他の生地に縫い合わせることで、
耐洗濯性が生まれ、末永く使うことが出来るようになります。







2つ目の理由は、
縫い代まで残して先に切り落としてしまったら、
どんなに縫いにくいことか… イメージされてみてください。
スタイは、首周りに細い生地の部分があるので、
生地があっちへフラフラ、こっちへフラフラ…してしまい、 なかなか上手に縫えません。
その点、長方形の布は楽チンですよ。
落ち着いて、ゆっくりミシンを動かせば(少し慣れてくれば)
多少ずれても、ストレスがかかるほどの大変な作業にはなりません。
「まちばり」程度で、十分縫えます。

最後の理由は、
「縫い代を書きうつす」のはとても面倒で大変なことなのに…
その労力に見合った効果があるようには思えない気がするからです。
そういうわけで、
ブランケットやスタイのときはいつも、
縫い代は目分量にしています。


そして、それを可能にしてくれるのが、
「よく切れる鋏」なのです。
(これがないと「縫い代目分量」は絶対に出来ませんからね)
ハンドメイドをするとき、
こまごまとしたものは出来るだけ安くすませて十分ですが、
ハサミだけは、きちんとした物があると、手仕事がはかどると思います。






【スタイの型紙…クリアファイルのこと】


ご自分の持っているお気に入りのスタイから、
パターンをとるときは、
「紙よりも、断然透明のA4ファイル」がおすすめです。

紙の時と違って、
ファイルはしっかりしているので、
真ん中を手で押さえるだけで、
簡単に、まわりをぐるっとチャコペンでなぞることができます。







画像のように、
中央で2つに織り(左右対称かも確認した上で)
上下に印をつけ、
また左右にも印をつけておくと便利です。
その印も生地につけてください。
特に、左右は、
レースをはさんだり、他のガーゼで切り替えを入れるときに、
一番美しく見えるラインを、
あらかじめ考えて書いておくとよいでしょう。




【型紙無料ダウンロードについて】




7/24
スタイの型紙無料ダウンロードについて
今までは、年に3回の期間をお待ちいただいておりましたが
年中いつでも取ることのできる形に変わりました。

素敵なハンドメイドのお手伝いができれば…幸いです