不思議なご縁 『papabubble』



ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
「papabubble」パパブブレの飴です。



実は、この飴に
全くの偶然に、二つの形で巡り会いました。





最初の出逢いは、
GW、新幹線での帰省の時でした。
私は、ついうとうと眠ってしまっていたのですが、
膝の上に座っていた息子は、たまたま隣り合わせたご婦人と、
楽しそうにお話をしていました。



全く知らない方なので、
あまり邪魔をしたらいけないと思い、
息子にも小声で何度も言い聞かせたりもしたのですが、
すぐにお話が始まってしまい…
ご婦人が「私の方が、楽しい時間を頂いているぐらいなので、いいですよ」と
優しく微笑んでくれました。



多分私と同年齢ぐらいだと思いましたが、
お着物を、着馴れた感じでお召しになっていて…
その柔らかな雰囲気にほっとしながら、
同時に恐縮しながらも、
結局、降りられる所まで、息子はずっとお話をしていました。




その出来事は、
ご婦人が降りられる時でした。




「とても楽しい新幹線になりました。お話をしてくれたお礼に…」
と差し出されたのが、
モノクロのラベルが中央に貼られたキャンディでした。
飴が数個とかではなく、
一袋丸ごとで、
それも見るからに、高級そうな飴に見えたので、
何度も遠慮したのですが、
息子は、満面の笑みで、受け取ってしまい…
結局図々しく頂くことになりました。




実家に帰省してから、その出来事を母と話しながら、
封をあけて、初めて、ここの飴を頂いた時の感動…といったら、何でしょう!
金太郎飴の味の記憶を
はるかに超越している美味しさでした。




親切というか、何て言い表したらいいか分からないのですが、
身も知らない方の優しさがじ〜んと心にしみて、
気持ちが軽やかになった出来事でした。




今思うと、この時点で、ネットで調べれば、
これがどこの飴なのか、すぐに分かったのでしょうが…
忙しく時が流れてしまい、
実は、二度目の偶然の出逢いまで、
この飴のことは、
そのまま知らないまま過ごすことになりました。












二度目は、
初夏の頃、息子の幼稚園ママ友達が、
「頑張ってね」というエールと共に、
このキャンディをくれた時のことでした。




彼女がこれを差し出した時の私の驚き様といったら…!
モノクロのラベルを見て、思わず叫びそうになりました。


あの時は袋でしたが、今度はジャーに入っているpapabubbleでした。


驚きのあまり、
なかなか言葉が上手く出てこなくて、
つまりながら…
私は、夢中で彼女に、新幹線の出来事をお話していました。



その時、初めて、このキャンディが、
スペインのバルセロナに本店のあるpapabubbleという飴屋専門店で、
支店は、アムステルダム・ニューヨーク・東京(中野)だということ、
DEAN&DELUCAの中に置かれていたり、
伊勢丹新宿店にも時々限定品がおかれているなどを知りました。




今回の飴細工の絵柄は、
クラウンとシャンパンとリーフ。










なんて可愛いらしい飴細工なのでしょう!


こんな風に、この飴の贈り物を
偶然…二人の方から頂くなんて
人生に、そうそうあることではないから、驚きのことでした。



そして、
このスペシャルなキャンディをくれた二人の女性は
どちらもとても素敵な女性で、そのことが心にいっそう残るものになったのだと思います。



ご婦人は、ただ隣り合わせた程度しか知らないけれど、
でも、こんな風にさり気なくできることに感動すら覚えて、
ママ友達の彼女は、
もう…学生時代からの付き合いかな…と思うほど、
これまで色々な話をしてきて、響きあうものが多く、心が惹かれます。












人と触れ合うことで、
気づく人の優しさに感謝して、
自分も、人に優しい心配りが出来るように…
気を働かせることを感じている日々です。





人と触れることによって、
面倒なことも色々と引きおこるけれど、
でも、暖かくて嬉しい気持ちは、
やはり「人」との間にこそ…生まれてくるような気がします。















息子は年中になり、
転勤したての頃が嘘のように、親子共に慣れてきました。
幼稚園から広がる人のご縁のおかげで、
今年は、新たな人脈が大きく広がったり、今まで培ってきた信頼がより確かなものになったり、
人との結びつきから得られるものに、改めて感謝をしています。















この一年は、
幼稚園の役員のお仕事をお引き受けしていて、
HP更新がなかなかできず、すみません。
いつもいらしてくださっている方には、本当に恐縮しています。
ありがとうございます。





夏休みの時間で、
Shopの新商品の企画のことなども含めて、
doricoさんと、水面下で少しずつ進めてきたものを
ご紹介できるように準備をしております。





予定では、秋に一度、
新しい商品のご紹介を出来れば…と思っております。
(今年度は、Shopのカートオープンは、この一回のみにさせていただくことと思います)





また企画段階から、
記事にさせていただく予定でおりますので、
よろしかったら、ご覧ください。





mayumin

2009 07 20




キッズのお洋服の画像は、Shop用の商品ではございません…