【バイアステープの素材による難易度】



これはレースを挟まない時にも全般的にいえることですが、
バイアステープに使う素材によって、
簡単に綺麗に仕上がるものもあれば、
大変になるものもあります。
ご自身のお裁縫歴にあわせて上手に選ばれるといいと思います。



素材別難易度


やはり、普通の綿生地が一番簡単で綺麗にできます。
初めてされる方にはおすすめです。

トリプルガーゼのお洋服 × 普通の綿生地のバイアステープのサンプル





『Wガーゼ』のバイアスは、
目の詰まったものを選べば、少しはやりやすくなりますが、
やはり初めての方には大変です。

もし初めてガーゼでお洋服を仕立てられるときには、
バイアステープのみ普通の綿生地を使われた方が、
簡単で綺麗に仕上がることと思います。
そして、バイアステープにはざっくり編みガーゼは向きません。

Wガーゼのお洋服 × 共布のWガーゼバイアスのサンプル

race.jpg


またテープとしては、
『トリプルガーゼよりもWガーゼ』の方がいいです。
トリプルガーゼでは、さらにWにしてバイアスとして使うため、
分厚くなりすぎて、表からみた時に出来上がりがスマートではなくなることが多いです。
トリプルガーゼのお洋服の時には、
私は、いつも似たような色のWガーゼもしくは、花柄のバイアステープを使うようにしています。


※あとで、ご案内しますが、
ガーゼのバイアスで難しいのは、『端』です。
ラッパのように広がってしまうため、この点を注意することで綺麗に仕上がります。


トリプルガーゼのお洋服 × LIBERTYタナローンバイアスのサンプル




そして、意外と難しい…と思ったのが、
ガーゼに施すリバティタナローンのバイアスでした。
厚みのあるガーゼに対して、薄いタナローンバイアスをするため、
異素材だけあり、ミシンで縫うときには少し注意が必要だと思いました。
慣れないこともあるかもしれませんが、
普通の綿生地やガーゼに比べて、生地自体のボリュームが全くないので、
例えば、『細め』にパイピングするなど、
あらかじめその点を意識して行うようにしました。


それに対して、
ガーゼではない普通の生地にタナローンパイピングをした時は、
上に比べてとても楽に感じました

ワッシャースカラップ(綿生地)のお洋服 × LIBERTYタナローンバイアスのサンプル





最後に、バイアステープの幅(裁断するとき)は、
タナローンバイアスでは4cm
ガーゼバイアスでは5cm弱という感じで、裁断して用意をしています。




serendipity_mayumin