【パイピング 対処法】


この頁は、画像がまだご用意できていないので
分かりにくくてすみません。

未完成です。



自分ではバイアステープを均等に付けたつもりでも、
後で見たら、
バイアスの出来上がり幅は、狭い所や広いところなど…出来やすいものです。

そのようなときのささやかな対処法です。







あえて幅が少し違ってしまった所を撮影しました。
真ん中の辺りが、
出来上がりバイアス幅(ミシンの縫い目から「わ」までの幅)が
他に比べ少し広くなってしまいました。
このまま、引っくり返してバイアステープの際をミシンで縫うと、
衿ぐりのミシン目のラインは
表からみた時に、不均等のステッチが出てしまいます。

そのため、
引っくり返して縫うときに、
もう一手間加えて対処します。



バイアステープを縫いつける時、
基本で説明したように、バイアスのきわから1〜2mm内側を縫うという感覚でいいのですが、
これは『バイアステープ幅が均一についているという前提』があって初めて綺麗に仕上がります。
しかし、衿ぐりのカーブや、まして難しい素材のバイアステープを使用したときには、
実際にはなかなかそうもいかないことでしょう。
そのような時に、
こういう『意識』を持つといいです。

バイアステープのきわを縫うという感覚ではなく、
『出来上がり線(えりぐりの端)から均一幅にミシンをかける』ことに集中します。

これは、押さえ金のどこまで生地が入っているかを意識して
ミシンを進めていくことになります。


(画像は後日ご用意します)


そうすれば、たとえバイアス自体が多少広いところがあっても、
『表側のミシン目』は、どこも均一にステッチがなされていますので、
最終的には、綺麗に仕上がります。

裏側には、
バイアステープの幅が他よりも多めに残っている所もありますが、
このバイアステープはWテープです。
つまり「わ」になっていますので、これが可能になります。

右側下の裏側バイアス部分は少し広めですが、
表側は、均一幅ステッチに仕上がっています。(袖口の画像)







【バイアスの始まりと終わりを、綺麗に仕上げる方法】


バイアスの端の処理について、
最初が『斜めに飛び出しそうになって、なかなかキレイに処理できない」という方が
いらっしゃることと思います。

そのコツです

バイアス生地というのは、
たとえ同じ長さで幅を揃えて切ったとしても、
はじめとおわりの裁断の(端)部分は、
幅が広くなります。
自然と、ラッパのようになっているはずです。
特に、ガーゼのバイアステープでこのことがおこります。

そのため、
バイアスをはじめに縫いつける段階で
バイアスの縫い代を全て同じように揃えてセットすると、
最初のスタート部分だけが、
ラッパのような感じに幅広くなってしまい、どうしても斜めに出やすくなります。

出来上がった作品のバイアスの始めと終わり部分が
もしこうなっている(他よりも少し幅が広い)ようであれば、
解決策があります。


スタート部分のバイアスは、
バイアスの縫い代はそろえずに、
スタート部分のみ、縫い代を多くして、
「出来上がりのバイアス幅側を同じ、もしくは狭めにする」ことに意識を集中させます。
前半の対処法で申し上げたことと同じになりますが、
「表から見たミシンのステッチが均一幅」になるように意識します

この時、バイアスの縫い代は、
最初のみ、
他よりも多めにとることになるでしょうが、
それでもかまいません。



今後、写真をご用意して
完全図解バージョンにする予定ですが、
なかなかご用意できずすみません


未完成