ショップで販売しておりますブランケットは、
こちらの生地は使用しておりませんが、
作り方のご参考まで
そのまま載せておきます。



お仕立て品のガーゼのブランケットは
Shopページにて年に3〜4回販売しています。







『 厚手ブランケットのおすすめ生地 』


冬の毛布となると、 アクリルやウール・フリースなどよくご覧になられると思います。
『子供には、何よりも優しいもの…できたら天然素材のものがいい』
そんな気持ちから、私のブランケット作りが始まりました。


@肌触りのよさ A冬物でも丸洗いできること B長持ちすること

デザイン性は低くとも、この3点の『実用性』を大切に考え、物作りをしています。
特に冬物は、チクチクしないことに気を配り、選んでいます。
間に挟む生地には、昨年同様コットンフランネルにしましたが、 もちろん他にもガーゼやキルト等…
お好みに合わせて何でも良いと思いますので、 色々と試されて、
ご自分の一番良い質感を選ばれると良いと思います。

ここでは、普段私が使っております、フランネルの場合をお話します。
この『2つの生地の相性』がとてもよく、長持ちすることは スタイ作りを通して、ずっと感じてきました。
夏の『ガーゼだけのブランケット』よりも、 間にフランネルを挟んだ方が
『いっそう…ガーゼが柔らかく感じます』
適度な重さがうまれ、 何ともいえない、しっとりとした、とろんとした滑らかさが出てきます。

肌にあたる面は、
これからご紹介しますソフトコットンを使われなくても
表も裏にもガーゼを使い、フランネルを挟んで作られたブランケットも大変重宝します。
ガーゼで両面を作ると、毛玉になりにくいこともあり、
ガーゼ×ネル×ガーゼ ブランケットは、
通年タイプとして、とても使いやすく、我が家での定番でもあります。



**************************************



ここでは、とても寒い季節におすすめの、
ポリエステルでもアクリルでもない…天然素材、

綿100%で、『オーガニックコットン30%入り』のことをお話したいと思います。
この生地、『表側は何でもない』
のですが、裏側が大変ソフトで暖かいです。



冬向きのおすすめファブリック

 @トリプルガーゼ × Aコットンフランネル × Bソフトコットン(オーガニック入り)


@今回は、トリプルガーゼを使用していますが、
Wガーゼでも比較的厚めものであれば、十分だと思います。


※よろしかったら、『ガーゼ論U』もあわせてご覧ください。
ふわふわがお好みでしたら、
接結点の間隔の広いガーゼをおすすめします。







A『 コットンフランネル 』…

 
近所の手芸店のものは、どれもしっかりとしたものが多く、
お洋服には向いても、ブランケットとなると、もう少しふかふかとしたものがいいような気がして、
私は、いつもこちらのものを使っています。
スタイの方も同様のものを使用しています。
 ヤフーオークションの『
tokutokuさん』です。
素材は、綿100%で両面起毛
です。



B 『 ソフトコットン(オーガニック入り) 』


これが
ブランケットの内側の生地としてとてもいいと感じたファブリックです。
ソレイユさん生地です。

メーカーさんに在庫がある限り、
今冬は定番のものとして置いてくださるようでした。



ワンシーズン使うと、
やはり毛玉が見られるようになります。
気になる方は、
裏面には、ソフトコットンを使わずに、
ガーゼ×ネル×ガーゼ
この組み合わせの方が、毛玉を気にせずに長くお使いいただけることと思います。






マフラーも作ってみました。



                 

最後に…
生地の紹介は、 どれも私の主観的な感想でまとめられていますので、
その分差し引いてご覧になってください。




serendipity_mayumin