2011年 10月追記


これまで、接結点の広いガーゼを、
ブランケット用にと好んで使ってきましたが、
そんな持論を理屈抜きで覆し感動した生地がありました。
表と裏では、糸の太さが異なり、
その二枚を大変細かい接結点で結び付けていました。
文中で、比較している服地向けの細かい接結点の生地よりも、
さらに細かいダブルガーゼで、
一般的なガーゼとは異なり、
まず表と裏の糸の太さ自体が大きく違うガーゼでした。
これまでの持論に、
新しい風を吹き込んでくれた発見でした。
すでに廃盤生地のため、限定数でしかご案内できないのが残念です。


2011年秋より
Shop『M*Serendipity&dorico』にて販売しておりますブランケットには
新しく採用した極上ガーゼに変更いたしました。


下段の生地で紹介しておりますガーゼは使用しておりませんので、
作り方のご参考まで、そのまま載せておきます。





ガーゼ論 U


*** ブランケット的、柔らかさを求めて ***


ガーゼがお好きな方は、
この「柔らかさ」というものを、最大の魅力として考えておられると思います。
多少、縫製が難しくなっても、
市販のものにはないほどの肌触り…
この想いは私の胸にもあり、
生地屋さんのガーゼにとどまらず、市販品にも触れながら考えてきました。


ガーゼの柔らかさは、
甘く撚られた『糸』で、緩く織られていることから生まれています。
そのベースに加えて、糸の細さと打ち込み数という要素によって、
ふわふわになったりしっかり目になったり…
その表情は様々だということを
前回お話しましたが、ここでは、さらにもう1つの要素…
それまで、あまり意識していなかった、『接結点の間隔』 にも、
生地を知るヒントが隠れていました。






Wガーゼやトリプルガーゼというものは、
シングルガーゼとは違い、
2枚、3枚を重ねて作られていますが、
その構造は、ただ重ねてあるだけでなく、それぞれが離れてしまわないように、
等間隔に接結されています。

ここでは、この間隔に着目して、
特に「ブランケット」のふわふわぁ・・と広がっていくような柔らかさについて、
その関連性をお話したいと思います。




【トリプルガーゼの構造】


トリプルガーゼというものは、
生地にもよりますが、大抵は、3枚とも『同じ点』では接結されていません。
これは、3枚を同じ一点で結びつけると、
生地が引きつったり、空気の含みが悪くなってしまうからだと思われます。
接結点にかかる生地への負担をできるだけ軽くするために、
この工夫がなされているのでしょう。


サンプルをご覧ください。
水色の点…『表面層』と中間層の接結点
ピンクの点…『裏面層』と中間層の接結点



このようにお互いにずらし、等間隔で接結することで、
3枚重ねていても、それを感じさせないぐらい1枚生地として、
それでいて、3枚重ねたことで生まれるふわふわ感、
空気をたっぷりと含ませることが出来ます。

この接結点の間隔は、
どれも同じものだと、勝手に思い込んでいました。
言葉では上手く説明できませんでしたが、
肌触りに違いのある時の…その『何か』、
そこに偶然気がつき、はっとしました。


これが、接結点の間隔の違いのサンプルです。
こんなにも差があること、初めて見た時は、とても驚きでした。





この小さなハギレにおいて、
接結点の数が、倍以上も違います。
これが1mにもなれば、
この差はいっそう大きくなり、肌触りにも違いが出てくるのは当然のことです。
さらにクローズアップして、それぞれの間隔の差の比較です。   


  

横から見たところです。
接結点の間隔が広いと、これだけ開きます。

  




これは何においても言えることですが、
究極に、それに相応しい…というものは、
大抵、汎用性が低くなる(他への対応幅はせまくなる)側面を備えています。
接結点の間隔が広いガーゼは、
ブランケットには最高ですが、服地となると…微妙な部分がありました。
ただ、この点は好みの問題で主観がかなり入りますので、
その分差し引いてお読みください。

ブランケットのように、
『寝かして』使うものの場合は、
その心配をすることなく、このガーゼの柔らかさを存分に堪能することが出来ますが、
お洋服のように、持ち上げて使われる場合には、
『支えている接結点の間隔』は、やはり影響してくるように感じました。
この間隔が広くなれば、自然の摂理…
やはり重力による影響が少なからず出てしまうように思いました。







接結点の間隔の広いガーゼは他にもあることと思いますが、
ここでご紹介しました生地は、
製法自体も、従来の方式とは異なったガーゼということもあり、
ブランケットに大変向いています。
職人さんの作る上質なガーゼとして、お値段も手ごろですので、
皆さまにもご紹介させていただきたいと思い、
ただいまご店主さまに確認を取っています。
もし店舗名をご紹介してもいいということであれば、
後日追記させていただきます。


6/1追記
ご店主さまより、紹介のご了承を頂きました。
『記載していただく内容は、
良いことだけを書いていただく必要はございませんので、
全てお感じになったままご自由に掲載してください』 

とのお心遣いまで頂戴し、
そのお気持ちにご迷惑がかかることのないよう、
背筋の伸びる思いがいたしました。


『接結点の間隔の広いガーゼ』は
布人倶楽部さんの
ガーゼカテゴリーのピュアコットンガーゼ無地になります。
トリプルガーゼです。


なおお洋服に仕立てました接結点の密なガーゼの方は、
『おすすめの生地』のお部屋でご紹介したことのあるトリプルガーゼです。
こちらは流通量が多い生地だと思いますので、
様々なお店でも扱われていることと思います。




serendipity_mayumin